金運が上がる人のお金の使い方とは?金運を持つ人の特徴や引き寄せる方法を解説

【当サイト記事内では広告を含む場合があります】

何かご質問などございましたらお問い合わせからご一報いただけますと幸いでございます。

金運アップコラム

「金運を上げたいけれど、上がらない…」「お金の悩みが尽きない…」といった方も多いのではないでしょうか。

そんなときは、金運が上がる人が実践しているお金の使い方を取り入れるのがおすすめです。

カエデ
カエデ

金運が上がる人には共通点があります。

そこでこの記事では、金運が上がる人のお金の使い方、金運に恵まれる人の特徴や金運が上がる前兆、金運を上げる方法など、さまざまな側面から解説しています。

金運を効果的に上げたい方は、ぜひ最後までお読みください。

【金運が上がる人のお金の使い方】貯めるより上手に使う

お金は貯めるよりも上手に使うことで、運気が巡ってくるものだと考えましょう。

風水において、お金は巡り巡って還ってくるものだとされています。

古いものには「気」が溜まっていくため、ただ貯め込んだお金はやがて淀んで悪い気がついてしまうものです。

一方、お金を人のために使うことで、金運はどんどん上がっていくといわれています。

ここでは、お金に対する思考や使い方について、見ていきましょう。

お金の使い方に対する思考の違い

お金を引き寄せる人とお金がない人には、お金に対する思考に違いがあります。

お金を引き寄せる思考の人は「お金があるのはありがたいこと。お金に感謝しながら大切に使おう」といったように、目的を持たせてお金を使う=価値あるお金の使い方をしています。

生きたお金の使い方をすることで、お金を循環させて運気上昇に繋がります。

一方でお金がない人は「お金は減っていくものだから、今あるお金を減らさないように節約に励もう」といった考えをしていることが多いです。

カエデ
カエデ

全員に当てはまるわけではありませんが、金運がある人は感謝の心を持っていることが非常に多いです。

運気を上げるためには気を循環させることがポイント、特に金運の場合はお金自体にエネルギーが宿っているため貯めこんでしまえば停滞してしまいます。

気を上手に循環させることが開運の秘訣と言えるでしょう。

お金の良い使い方と悪い使い方

お金の使い方には、良い使い方と悪い使い方があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

良いお金の使い方

良いお金の使い方、それは生きたお金の使い方です。

人のために使ったお金は、違う形で還ってくるという法則があります。

また、自己投資や自分へのご褒美も結果的に自分に還ってくる使い方だと言えるでしょう。

良いお金の使い方としては、以下のようなものがあります。

  • 寄付
  • 親しい人への贈り物
  • 欲しいと思っていたものを購入
  • 自己投資

何となく使うのではなく、善意や長期的な目標のためにお金を使いましょう。

悪いお金の使い方

目的なく、または間違った目的によりお金を使うことは金運を下げることになってしまいます。

以下は悪いお金の使い方の一例です。

  • 無駄遣い
  • 見栄をはって偽物を購入
  • ギャンブルなどの賭け事

金運アップのためにはお金を使うことが大切ですが、散財はするべきではありません。

散財を続けると、自分の元に還る前に破産してしまいます。

自分への出費を見直すことで、無駄金の把握をしましょう。

金運が上がる人の特徴【お金の使い方に対する心得】

金運に恵まれる人には、共通した特徴が見られます。

ここでは、金運が上がる人が実践しているお金に関する心得についてみていきましょう。

自己投資をする

金運に恵まれる人やお金持ちの多くは、自己投資のお金を惜しみません。

自己投資には「環境」「縁起物」「情報」の3つが挙げられます。

  • 環境:成長に繋がる機会や知識。スキルアップすればキャリアアップに繋がる。
  • 縁起物:だるま・招き猫の縁起物、パワーストーンなどで金運を味方につけている。
  • 情報:情報を得ることでお金持ちになる手段を学ぶ。セミナーやコーチングなど。

ご祝儀をケチらない

金運を上げる人は、祝福の気持ちを込めたご祝儀を気持ち良く渡すことで、プラスのエネルギーを動かします。

逆にもったいないという気持ちで渡したご祝儀にはお金にもネガティブな感情がのってしまい、運気ダウンの原因になります。

お金は楽しく華やかなところに集まりますので、ご祝儀はケチらずに気持ち良く渡すことで、良い運気が巡ってくるでしょう。

自分へのご褒美を大切にする

金運を上げるためには、長期的な視点で自分にとってプラスになる使い方をすると良いでしょう。

たとえば、ブランド品の購入や高級レストランでの食事といった高価な出費をしたとしても、仕事のモチベーションアップに繋がったり心のゆとりや安定に繋がるなどの価値があるなら生きたお金の使い方になります。

カエデ
カエデ

貯金も大切ですが、無理に貯めこんでストレスがかかりすぎないようにしましょう。

無理はしすぎず自分へのご褒美は大切にしましょう。

人のためにお金を使う

周りの人の幸せのためにお金を使うことは、最強の開運行動です。

寄付や募金は、自分に降りかかる災難を防ぐ厄落としにもなります。

また、社会に役立つことに投資すると良い運気が巡ってきます。

現地に赴いて活動するボランティアや、ふるさと納税などもおすすめです。

お金に対してネガティブなイメージは持たない

お金に対してネガティブなイメージを持たずに、常に感謝の気持ちを持つことが大切です。

金運を持つ人は、お金があるからこそ、豊かな暮らしができていることを実感しています。

今あるお金や恵みに感謝し大切に扱うことで、さらなる運気を呼び込んでいるのです。

お金は信用を対価に変えることができる便利なツールだと捉えましょう。

お金を使うことや収入を得ることを素直に喜べる人は、自然と金運を引き寄せることができます。

小銭もおろそかにせず財布を整える

金運を上げる人は、1円玉にも気を配り、お札の向きを揃えて、キレイに整理整頓された財布を使っています。

財布の管理ができていないということは、お金の居場所を粗末にしているのと同じことです。

お金も大事にしておらず、ぞんざいに扱っている可能性があります。

財布の中のレシートは毎日整理し、お金が気持ち良く過ごせるように整えることを心がけましょう。

金運が上がる人に起こる前兆

金運が上がるときは、一見悪い出来事のように感じることが起こります。

次のステージに上がる前触れですので、見逃さないようにしましょう。

想定外の出費が重なる

金運が上がる前触れのひとつに、架電やパソコンなどが次々と壊れるなど、想定外の出費が重なることがあげられます。

お金がどんどん出ていってしまうことに不安を覚えるかもしれません。

ですが、スピリチュアル的にはエネルギーが循環している証です。

大きな変化が訪れることを意味しており、金運が上がるサインとして、前向きに捉えましょう。

体調不良にみまわれる

急な体調不良に見舞われることも、金運が上がるサインです。

現状の運気が悪い周期に入っている場合は、その運気を好転させるだけのエネルギーが必要になります。

カエデ
カエデ

身体の悪い気を外に出そうとすることで体調が悪くなると言われています。

良い運気を集めようとすることで、自分のエネルギーが枯渇し、体調を崩してしまうことがあるのです。

体調不良が続いているときは、その反動でさらなる幸運が舞い込んでくるかもしれません。

不運な出来事が頻発する

思わぬ事故やケガなどの災難が頻発するときは、金運が上がる前触れです。

宝くじ高額当選者の中にも、当選前は事故にあったりお財布を落としてしまったりと不幸が重なっていたという方が一定数いらっしゃいます。

一見悪いことのように感じますが、良いことを引き寄せるために必要なことだと捉え、前向きな気持ちで乗り切ってください。

虹を見る

スピリチュアルな世界では、虹は幸運が訪れる吉兆です。

虹には、「願いが叶う」という意味もあるので、願い事をすると叶うかもしれません。

運気が上り調子であることを示しており、特に濃い色の虹は、運気のパワーも強いといわれていますので幸運のサインを見逃さないようにしましょう。

人生の転機が訪れる

転勤や転職、引っ越しなどの人生の転機が訪れたときは、お金が入る予兆だとされています。

人生が大きく変わるときほど、運気も大きく動くときです。

停滞していた気が大きく循環するので、自分の運気も変化していきます。

カエデ
カエデ

引っ越しは運気が大きく変わる合図と言われています。

戸惑いや不安を感じやすいですが、運気が上がっている前兆だと捉えて、ポジティブな気持ちで変化を受け入れていきましょう。

手相が変わる

金運が上がるときは、手相も変わるといわれています。

手相の金運線が赤くなるのも金運が上がるサイン。

また、薬指の下に伸びている金運線がハッキリと長いほど金運に恵まれます。

手がふっくらして艶が出てきた場合も、金運が上がる兆しです。

相は良くも悪くも変化するものなので、日々チェックしてみてください。

金運が上がる手相について、さらに詳しく知りたい方は以下の記事も合わせてお読みください。

大金が舞い込んでくる金運手相13選!その手に高額当選を掴む!

【即効性あり】金運を上げる方法3選

金運を上げるための方法は、大きく次の3つに分けられます。

  • 金運アップの財布を使う
  • 金運アップのための部屋作り
  • 金運が上がる習慣

それぞれひとつづつ見ていきましょう。

金運アップの財布を使う

金運を大きく左右するアイテムが財布です。

新しく財布を新調する際は、以下の条件を満たしましょう。

  • 適切なタイミングでの購入:開運日を選ぶ(一粒万倍日や天赦日、寅の日、巳の日)
  • 財布の色:迷ったら黒か緑色が望ましい
  • 財布の値段:目標年収の200分の1が目安

ただ、安いからといってメルカリでお財布を購入したり、中古品を購入するのは運気を下げてしまう行為になってしまうため避けるようにしましょう。

なぜ中古のお財布が運気を下げることに繋がるのかさらに詳しく知りたい方は以下の記事も合わせてお読みください。

中古の財布は金運下がる?浄化方法やメルカリで買う財布の風水についても解説

金運アップのための部屋づくり

金運を上げるためには、部屋に着目することも大切です。

部屋がモノで溢れていれば、運気の流れが滞ってしまいます。

思い切って断捨離したり、整理整頓したりして、スッキリと部屋を片付けましょう。

部屋がいつも片付ついているけれど金運が上がらないという方は、模様替えをしてみるのがおすすめです。

雰囲気をガラリと変えることで、金運を引き寄せましょう。

金運が上がる習慣づくり

金運アップを狙うなら、良い習慣を身につけることも大切、お金持の習慣を「真似る」ことは、最も簡単な方法で、かつ効果があります。

  • 人を馬鹿にしない・悪口を言わない:他人を尊重すること、信頼されること
  • 水回りをキレイに掃除する:日常的に使う場所に気を使うこと
  • お金持ちやお金を悪く言わない:お金持ちやお金から愛される人になること

まとめ

金運がないと感じている人は、お金を使わずに貯めることばかりに意識が向いていたり、悪いお金の使い方をしていたりする場合があります。

お金自体がエネルギーであることから、生きたお金の使い方をしてエネルギーの流れを滞らせずに、循環させることが大切です。

カエデ
カエデ

お金を貯めることと同じくらい使うことも大切です。

金運に恵まれる人は、常にお金に感謝の気持ちを持ち、敬意を払っています。

日々の小さな心がけが運を作っていくもの、ぜひ金運が上がる人のお金の使い方に倣って運を引き寄せていきましょう。

コメント