金運がないならお祓いで解決?1人で簡単にできる13のお祓いをご紹介!

【当サイト記事内では広告を含む場合があります】

何かご質問などございましたらお問い合わせからご一報いただけますと幸いでございます。

金運アップコラム

突然ですが「金運がないときにお祓いは効果があるの?」と思ったことありませんか?

あなたがこの記事にたどり着いたということは、おそらく今まさに気になっている最中だと察します。

結論をお伝えすると、金運がないときにお祓いをすることはとても効果的です。

金運は、誰しもが上げたい運気の一つですよね。

風水的な観点から考えても、金運を上げていきたいならまず「厄を祓う」ことが重要だとされているのです。 

とはいっても、どんなお祓いがいいの?神社や仏閣など、神聖なところで本格的なお祓いを受けるのはなぁ…

そこで今回は、今まさに金運がないと感じているあなたでも簡単に実践できる「お祓い13選」を紹介していきます。

いずれも自宅、一人でも手軽にできるお祓いなのでぜひ実践してみてください。

お祓い前にチェック!金運がない人の8つの特徴

金運がない人には、次のような特徴がみられます。

  • 部屋が散らかっている
  • 笑顔が少なく声が小さい
  • 愚痴や不平不満が多い
  • 時間にルーズ
  • ネガティブ思考
  • 言葉が乱れている
  • お金を粗雑に扱う
  • 運気が下がる財布を持っている

金運アップのためのお祓いをする前に、あなた自身で改められる点は見直してみましょう。

部屋が散らかっている

金運がない人は、身の回りが整理整頓できていない方が多い印象です。

散らかった部屋で過ごしていると、陰気を引き寄せてしまうため運気が下がってしまうのです。

「部屋の乱れは心の乱れ」というように、ご自身の状態を映す鏡とも言えるでしょう。

カエデ
カエデ

面倒なことに手を付けずに放置していては、お金を遠ざけることになってしまいます。

運気を上げるためには、まず生活環境を改善することから始めてみましょう。

笑顔が少なく声が小さい

笑顔が少なく声が小さいといった覇気のない人は、金運が悪くなりがちです。

明るく元気な人の元には、自然と良い運気が巡ってくるもの。

少し意識するだけでも変えていける部分なので、運気を逃してしまっては勿体ないです。

現状を認識して変えていきましょう。

愚痴や不平不満が多い

愚痴や悪口が多い人は、金運が上がりません。

他人のせいにしたり、羨んだりしても現状は変わることはありません。

自分に何が出来るかを考えて行動することは、運気上昇のみならずあなた自身の生活にも非常に大切になります。

常に自責で行動することを意識することで、愚痴や不平不満を口にすることは減っていくはずです。

時間にルーズ

時間にルーズな人は、お金にも無頓着な人が多いです。

自分の時間を上手く使えないため、人の時間を無駄に奪ってしまい、信用を失ってしまうことも少なくありません。

時間にルーズなことで多くの機会損失が発生してしまうこともありますので、心当たりのある方は今日からでも時間に気を遣うことを心掛けてみましょう。

カエデ
カエデ

時間には限りがありますし、お金も貴重なものです。

時間もお金も有益なことに使う意識を常に持ちましょう。

ネガティブ思考

金運がない人は、ネガティブ思考が強いです。

ネガティブ思考をしていると、運気は停滞した状態が続きます。

運も周囲も味方につけることができず、お金からも好かれません。

ネガティブな感情や行動からは、お金を含めて良い縁を生み出すことは難しいでしょう。

言葉が乱れている

普段口にする言葉の乱れは心の乱れに繋がり、金運を下げる原因になります。

カエデ
カエデ

言霊にはエネルギーが宿るため、使う言葉には気を配る必要があります。

若者言葉や流行り言葉を乱用していては、金運は寄ってきません。

正しい日本語を使い、適切なコミュニケーションを取ることを意識しましょう。

私のブログでは金運アップに効果的な言霊も紹介しているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

【言葉に宿る力】金運アップに効果的な言霊7選!言霊の意味や使うときのコツを解説

お金を粗雑に扱う

金運はお金を大切に扱う人の元にやってきます。

そのため、日常的にお金を粗雑に扱う習慣がついている人は要注意です。

お金も人と同じで、自分を大切に扱う人と一緒にいたいと思うもの。

一見すればお金もただのモノですが、多くの人の手に渡り欲望と共に動いていますので、私たちが想像している以上の力を持っています。

カエデ
カエデ

また、お金は循環するもの。

お金を支払うときも感謝の気持ちを込めて支払うなど、お金に対して敬意を払うようにしましょう。

運気が下がる財布を持っている

金運がない人に多いのが、使用している財布に問題があるケースです。

お金のお家である財布を雑に扱っていたり、ボロボロな財布を何年も使っていたりしては、金運は巡ってきません。

お金が居心地の良い財布を持つようにしましょう。

財布の寿命といわれる3年を目安に買い替えを検討してみてください。

金運がないときの簡単なお祓い13選

とにかく「金運がなくて困っているときに即効性があるお祓い方法」をご紹介します。

どれも自分で簡単にできる実用的な方法なので、ぜひ試してみてください。

両肩に粗塩を乗せてシャワーで流す

お風呂に入ったときに実践したい祓い方法です。

ひとつまみの粗塩を両肩にのせて、シャワーでさっと流すという方法。

塩には浄化作用があるため、体についた厄を落としてくれます。

毎日の習慣にすることで、厄を溜めずに落とすことができるでしょう。

鏡を拭いて笑顔を作る

風水において、鏡は厄落としのアイテムのひとつとされています。

鏡を拭くことは、自分についた厄を落とす行為であり、曇った鏡=厄がついた自分ということ。

ピカピカに磨いた鏡に笑顔を映すことで前向きな気持ちになり、ついていた厄もスッと抜けていくでしょう。

自宅でもできる非常におすすめの厄払いです。

厄落としのポーズをとる

体内に溜まった厄を手の指先と足の裏から出すポーズで、厄を落としましょう。

嫌な出来事があったときや気持ちが落ち着かないときにやるのがおすすめ。

手をキレイに洗ったあと、手のひらを内側に向けて左右の5本の指を交差させ、両腕を真っすぐ前方に伸ばします。

そのまま約1分ほどキープしてください。

指先からどんどん厄が抜けていきます。

有名な祈禱師さんもおすすめする手軽なお祓い方法なので、ぜひ試してみてください。

食器を変える

厄が溜まり運気の停滞を感じるときは、普段使用している食器を変えてみるのもおすすめです。

直接口に触れる食器は、体内の運気の巡りを左右するアイテムです。

カエデ
カエデ

その食器を変えることで厄を祓う作用があるのです。

その際、新しいものを購入する必要はありません。

使わずにしまい込んでいた食器や来客用の食器に変えるだけでも効果を得られます。

枕元に水を入れたコップを置く

寝るときは、枕元に水を入れたコップを置いておきましょう。

水の持つ浄化作用と鎮静作用により寝ている間に体内から出た厄を清め、心地よい睡眠に繋げてくれます。

今日からでも実践できるお祓いですね。

朝起きたら下着を変える

ツイてないなと感じるときは、朝起きたら下着を変えましょう。

睡眠中に身につけていた下着やパジャマなどには体内から放出された厄がついています。

厄がついたままの衣服を身につけていたら、運気は上がりません。

下着を変えることで、一日を気分良くスタートできますよ。

ラベンダー色のタオルを使う

ラベンダー色は、厄落としの効果のあるラッキーカラーです。

朝に顔を拭くタオルや入用後に体を拭くバスタオルをラベンダー色に変えてみてください。

水気を吸うだけでなく、厄も拭き取ってくれます。

お香を焚く

運気の低迷を感じたときは、お香を焚くのもおすすめです。

お香の煙には、場の気を浄化する厄払いの効果があります。

特に部屋の隅に邪気が溜まりやすいので部屋の角でお香を焚いて、煙と香りで悪い気を清めてみてください。

ホ・オポノポノで浄化する

ハワイ伝統の浄化方法として、ホ・オポノポノがあります。

ホ・オポノポノとは、「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」の4つのフレーズを繰り返し言うことで、心の浄化と癒しを得られる効果があります。

日本でいう「言霊」みたいなものですね。

ぜひ実践してみてください。

財布を整える

お金の居場所である財布を居心地の良い状態に整えてあげることは、金運アップのためにも重要です。

レシートなどの余計なものを入れたままにすると、厄が溜まり、金運を下げてしまいます。

夜のルーティンとして、財布を整える習慣をつけるといいでしょう。

吉方位に出かける

吉方位に旅行に行くのも運気アップに有効、生年月日から九星ごとの吉方位を調べてみましょう。

吉方位に行ったら、温泉に浸かったり、その土地の美味しいものを食したりすることで、良い気を取り込むことができます。

運気を上げるためには、リラックスすることも大事ですからね。

厄除けのお守りを身につける

神社の厄除けのお守りを持つのも効果的です。

夏至が近い時期なら、神社で厄除けの茅の輪くぐりができるようになっているので、足を運んでみるといいかもしれません。

体調が優れないときも金運が停滞しがちなので、無病息災を願う茅の輪くぐりは金運を上げたい方にもおすすめです。

朝日を浴びる

自宅で簡単にできる開運方法のひとつが、毎日朝起きたら太陽の光を浴びること。

朝日を浴びることで、体内時計のリセット、セロトニンと呼ばれる幸せホルモンの増加、メラトニンの分泌の促進により良質な睡眠に繋がるなどのメリットがあります。

太陽のエネルギーで活力がみなぎり、運気の巡りも良くなるでしょう。

金運がない場合も見逃さないで!金運が良くなる前兆5選

金運は上がる前にその前兆があります。

一見悪い出来事として捉えがちですが、大切なサインなので見逃さないようにしましょう。

予想外の出費が重なる

予想外の出費が重なるときは、金運が上がる前兆かもしれません。

不運に見える突発的な出費も、将来のためにより良いものを引き寄せている可能性があります。

スピリチュアル的にお金がどんどん出ていくことは、エネルギーが循環している証です。

見逃さないように覚えておきましょう。

不運な出来事が続く

思わぬ事故やケガ、災難が重なるときは、運気の流れが変わる兆しです。

これまで起きた悪い出来事は、良い出来事を引き寄せるために必然的に起こったことだと考えられます。

不運が続いたあとは、まるで棚ぼた式のように金運が舞い込んでくるかもしれません。

お金に関する言葉をよく耳にする

お金にまつわる言葉が目に入るときは、金運が上がる前触れです。

たとえば、「一攫千金」「お金持ち」「高額当選」といった言葉を頻繁に目にするときありますよね。

そのタイミングは、お金の引き寄せ力が働いている可能性があります。

見逃し注意です。

心にゆとりが生まれる

人に対して心にゆとりが出てきたときも、金運が上がるサインです。

お金の余裕は心の余裕にも繋がります。

心にゆとりが生まれれば、人に対して寛容になれるので、人のためにお金を使ったり、感謝の気持ちを持ってお金を使ったりできます。

その結果、巡り巡って自分自身にも運が流れ込んできて、自然と金運も上がっていくでしょう。

手相の金運線が赤くなる

金運が上がる兆しは、手相にも現れます。

手相は日々変わっていくものですが金運線が赤くなると、金銭面で良い流れがやってくる前触れです。

金運線は薬指の下から伸びている線で、濃くて長いほど金運が良い印です。

濃く長くなったり赤くなって目立ってきたりしたら、金運が舞い込んでくるチャンスかもしれません。

以下の記事でも「手相と金運の関係」について解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

【1分で分かる!】金運占いで見る!宝くじが当たる手相10選と金運アップに効果的な8つの行動

金運がないときは神社でのお祓いもおすすめ

手軽に出来るお祓いでも良い効果が得られなかった場合は、神社でお祓いを受けて神様の力で厄を祓うようにしましょう。

神社で本格的にお祓いを受けるなら、生まれ育った守り神である「産土神(うぶすながみ)」の神社へお参りするのがおすすめです。

産土神は、自分の守っている土地で生まれた人を生涯守ってくれるといわれる神様です。

厄除開運の力が強く作用するので、ぜひお参りしてみてください。

カエデ
カエデ

実家に「氏神様」はどこになるのか聞いてみると良いですよ。

母親が里帰り出産をしている場合も、自分の実家の属する土地の神社にお祓いをお願いしましょう。

まとめ

人は皆日々生活していく中でさまざまな厄を背負います。

放っておくと、知らず知らずに厄まみれになり、運を寄せ付けない体質になっていることも少なくありません。

そんなときに効果的なのが、厄を祓う習慣やお祓いです。

最近ツイてないなと感じたら、自ら運気を遠ざける行動をしていないか振り返った上で、厄払いを実践してみましょう。

悪運を断ち切り、運気の流れを変えることで幸運を手にしてくださいね。

「やる」か「やらない」かでは、あなたの波動が全然変わってきますよ。

コメント