2021年の年末ジャンボ宝くじが販売開始!くじの概要をご紹介!

一般
一般

ついにこの時期がやってきた!

宝くじファンは期待に胸を躍らせていることだろう。

2021年の年末ジャンボ宝くじの販売が開始されたのだ。

テレビなどでも報道されたので、

購入を検討している方も多いはずである。

 

そこで今回は、販売されている年末ジャンボ宝くじと年末ジャンボミニの概要をご紹介する。

当選金はどの程度で、当選確率はどの程度なのだろうか?

詳しくお伝えしていく。

2021年の年末ジャンボ宝くじの概要

まずは年末ジャンボ宝くじの概要についてお伝えする。

  • 1等前後賞でどれだけ貰えるのであろうか?
  • 1等の当選確率はどの程度なのだろうか?

販売期間についても紹介するので参考にしてもらいたい。

1等前後賞で10億円!

まず、1等の当選金は7億円だ。

そして1等前後賞の当選金が1.5億円であり、

1等および前後賞を合わせると10億円になる計算だ。

ちなみに1等の組違い賞については10万円である。

2等は1,000万円であり、3等は100万円だ。

1等の当選確率は2,000万分の1

気になる1等の当選確率であるが、

1ユニットあたり2,000万枚の販売であるから2,000万分の1の確率である。

 

したがって10枚購入すれば200万分の1の確率、

100枚購入すれば20万分の1の確率で1等に当選できる。

1等の当選確率としては極めて低いため、

当然、当選する可能性は低い。

数字選択式くじであるロト6の場合は約600万分の1

ロト7は約1,000万分の1である。

いかに年末ジャンボの当選確率が低いかが分かるだろう。

販売期間と抽選日は?

  • 販売期間:1124日から1224
  • 抽選日:1231

クリスマスイブまでが販売期間である。

買いそびれないように気をつけて欲しい。

同日に販売開始された年末ジャンボミニの概要

次は同日に販売開始がされた、

年末ジャンボミニについてお伝えしたい。

10億円は夢のような話だから、

現実的にもう少し少ない当選金のくじを狙いたい、

と考えている方におすすめだ。

1等前後賞で5,000万円!

1等当選金は3,000万円である。

年末ジャンボと比較すると、

さすがに低い額であるが立派な当選金額である。

1等前後賞は1,000万円なので、

1等当選金を合わせると5,000万円になる計算だ。

ちなみに2等は5万円で3等は1万円である。

1等の当選確率は250万分の1

1等の当選確率であるが、

年末ジャンボと比較するとぐっとアップする。

1ユニット1,000万枚で15ユニットの販売が計画されている。

1等当選くじは60本用意されているため、

1,000万枚×15ユニット÷60枚で計算すると250万分の1との結果が出る。

したがって10枚買えば25万分の1

100枚買えば2.5万分の1の確率で1等に当選できるわけだ。

販売期間と抽選日は?

  • 販売期間:1124日から1224
  • 抽選日:1231

年末ジャンボと全く一緒である。

販売されているところも全国のチャンスセンターやネットだ。

年末ジャンボを当てるには運が重要!でもロト・ナンバーズは予想が当たればOK!

年末ジャンボも年末ジャンボミニも、

当選するには運が欠かせない。

くじ運と呼ばれるものがあるが、

そちらが良くなければ当たるはずがないのだ。

そもそも当選確率が極めて低いわけで、

日本全国で買われている。

全ては確率論と言っても過言ではない。

 

もちろん購入する場所や風水などにこだわれば、

良い結果が得られる可能性も出てくる。

しかし、それでも運頼みの感は否めないだろう。

 

そこで当サイトでは運ではなく実力で当選できる

数字選択式くじをおすすめしている。

いわゆるロトやナンバーズだ。

 

自分で数字を選ぶことになるため、

予測が当たっていれば運や確率は関係ない。

1等の数字を10人当てれば、10人とも当選金が貰えるわけだ。

もちろん当選金は分割となるので下がる

 

しかしロトやナンバーズの当選確率も高いわけではない。

そこで活用してほしいのがロト予想サイトである。

世の中にはたくさんのロト予想サイトがあるわけだが、

その中でもチェックしてほしいのが「クローバー」である。

当サイトでも徹底的に検証したが、

見事に当選!

すごい結果を得たサイトだ。

稼げる情報を提供してくれる優良サイトであり、

実際に億万長者になった会員も少なくない。

 

登録無料なので、

この機会に入会を検討されてはいかがだろうか?