海外で宝くじの必勝法が発見される!?日本でも応用できるのか徹底解説!

宝くじ

海外で宝くじの必勝法が発見されたようなのだ。

その結果、ある老夫婦が30億円近い賞金を手にしているのだという。

 

宝くじと言えば、まさに運ゲーと言って良いものだろう。

これまでも運に左右されるものであり、確実に当てる方法はないとされてきたのだ。

しかし実際に30億円近い賞金を稼ぎ出しているというのだから、必勝法はあるということなのかもしれない。

 

今回は、その老夫婦が実践している宝くじの必勝方法について詳しく解説していきたい。

日本でも利用できる方法なのかを明らかにするので、是非参考にして欲しい。

海外で発見された宝くじの必勝法とは?

宝くじの必勝法を見つけ、実践しているという老夫婦はたった9年間で2,600万ドルも稼ぎ出した。

彼らが利用していた手法はロールダウンと呼ばれるものである。

ロールダウンを活用する

そもそも宝くじは胴元が損をしないようにできている。

日本の宝くじの場合はだいたい47%の還元率であり、胴元は残りの53%を儲けられるシステムになっているのだ。

 

海外でもそれは同じことであるが、例外が起こることがある。

それは繰越金、いわゆるキャリーオーバーが発生するときだ。

 

仮に胴元の利益が50%であると、10億円を売り上げたくじの還元金額は5億円となる。

しかし1等当選が長期に渡って出ておらず、20億円たまっているとする。

同じ10億円の売上であったとしても還元金額が25億円になり、一時的ではあるがより多くの資金が購入者に支払われるわけだ。

しかも一部の宝くじは繰越金額が一定額を超えると、繰越分を下位当選者に分配される。

4等や5等でも普段より多くの賞金が受けれることに。

これがいわゆるロールダウンと呼ばれる制度なのである。

 

以上のシステムを利用して宝くじを購入したのが前述の老夫婦である。

地道に条件に当てはまる宝くじを購入し続け、ついには30億円近い賞金を稼ぎ出したわけだ。

ロールダウン活用時の注意点

1等当選者が出てしまうと、繰越賞金は持っていかれてしまう。

そこで老夫婦は、1等の当選確率が極めて低い宝くじを中心に購入したというのだ。

日本で言えばロト71等のような、1,000万分の1といった確率が該当するであろう。

実際にロト71等は毎回出ているわけではない。

今回の老夫婦の話は、こちらのページから詳細を確認できる。

日本でもロールダウンで宝くじを当てられるのか?

残念ながら日本ではロールダウン制度を取り入れていない。

つまり老夫婦と同じ宝くじの必勝方法は利用できないのである。

 

そもそも日本では法律によって最高金額が定められているため、ロールダウンの必要性はない。

宝くじの必勝方法が利用できなくてガッカリしているのではないだろうか?

そんな方には、ロト予想サイトを活用して欲しい。

宝くじの必勝法はないがロト・ナンバーズが高確率で当たる方法はある!

ロと予想サイトとは、ロト6やロト7、ミニロトやナンバーズの当選番号を予想するサービスを提供している。

驚くことに、その予想的中率はかなり高い。

もちろん、サイトによっても的中率は随分違うが、毎週のように高額当選を果たしているサイトも有るのだ。

 

それらのサイトの中でも、当サイトで徹底検証したフェニックスはかなりおすすめだ。

予想者の実力もかなりのもので、代表の久慈法泉氏や副代表の高良淳蔵氏などは高額当選を連発している。

フェニックスを利用すれば、老夫婦のように億単位の賞金も狙えるようになるだろう。

気になる方はぜひ公式サイトをチェックして欲しい。