ロトの方が株式投資よりも稼げるという話

宝くじ

雇用が不安定になり副業が認められつつあるが、
株や不動産投資に目を付けて、本業の傍ら取り組む人が増えてきている。




当サイトの読者さんの中にもいるかもしれない。




投資は無理をして大きなリスクを取らず、堅実な運用をしていれば、
利率と運用資金に応じたリターンを得ることができる。





しかし、それはコロナウイルスが流行る以前の話である。




疫病の流行で多くの企業が売り上げを伸ばせず、
株価が下がっている現状では、
投資はこれまで通り稼ぎづらくなってきていると言えるだろう。



仮に資金1000万円を年利10%で運用するとした場合、
1年間に100万円手に入るが、
それを10年続けてようやく1000万円だ。




ただ、今回のような疫病が流行れば、
株式はたちまち価値を失い、
運用資金すらもどうなるか分からない。

 

株は10年に一度は暴落している


過去の出来事を振り返ってみると、
コロナウイルスの前は2011年の東日本大震災、
2008年のリーマンショック、
2001年の世界同時多発テロ、
といったように世界を揺るがす出来事が5~10年程度に1回くらいのペースで起こっており、
いずれも事前に予想できるものではない。




社会や経済が安定している時は、
株式投資は堅実に資産をふやすことができるが、
上記のような出来事が起きると状況が一変してしまう。





仮に投資の運用資金を1000万円用意できて、
年利10%の銘柄を見つければ、
理論上は1年間に100万円のリターンとなるが、
それがいつまで続くかは誰にも分からないし、
損失を抱えることも普通に起きる。




ごく普通のサラリーマンが投資資金を1000万円用意する時点で難易度が高いし、
もし用意できたとしても、損失リスクを背負いながら、
投資を続けるのはさらに難しい。





株式投資は資産を増やす手段として広く知られているものの、
実際は資金を潤沢に用意できる富裕層に有利なのである。

当選金額は上がっているロト

 

しかし、ロトはどうだろう?




1口たったの200円で買うことができ、
当たれば数億円という莫大な当選金を手に入れることができるのだ。




また、ロトは年々需要が増えてきており、
不況の時期も売り上げを伸ばし続けているので、
いつでも取り組むことができる。




さらに、ロトは購入者が数字を選ぶ方式のため、
購入者が増えれば当選率が下がるということはなく、
1等や2等が出なければ次回に当選金が繰り越されるので、
当選した場合の当選金が増えることも珍しくない。





繰り越される上限額も決まってはいるが、
その上限額も年々上がってきているので、
期待が膨らむばかりだ。



ロトが暴落することはない



そして、何と言ってもロトは当選金の金額が暴落することがない
というのも強い。



当選金やロトの購入金額は厳しいルールでがっちりと決まっており、
景気に左右されることはない。




また、ロトに限らず宝くじは日本政府や地方公共団体が関わっており、
株式の暴落などで株式市場が混乱状態になっても、
存続することができるのだ。




最悪、戦争が起きたりすればなくなってしまうだろうが、
そうなったら、日本の居住者の資産がゼロになってしまうので、
あまり考えても仕方ないと思う。

 

リスクを最小限に止めリターンを最大限に伸ばせるのは実はロト!



リスクを最小限に抑えて、リターンを最大限に伸ばすことが、
資産を増やすうえの鉄則だと言われることが多いですが、
社会情勢の変化で暴落のリスクを抱えている株式投資で、
これを実現するのはそう簡単なことではないと私は思っている。




資金や投資の腕に自信がある人は別だが、
そうではない場合は、少額から始められて当たれば大きいロトの方が、
よっぽど稼ぎやすいと思う。



ロトはロトで当選者は購入者の中のほんの一握りで、
当選率が低いから稼げないと言う人もいるが、
それはデタラメに数字を選んで購入する場合の話だ。




ロトには当選しやすい番号の組み合わせに規則性があり、
それを見抜くことで、何度も高額当選を引き当てている人がいる
というのも事実である。



ただ、そういった規則や法則を自力で見つけるのはかなり難しいので、
当選番号を当てている実績を持った専門家の助言を受けるのが、
手っ取り早い。

 

当サイトでも検証して、
高額当選を出しているジェネシス億万ロトおすすめする。


無料登録できて、200円というごく少額からでも高額当選を狙えるので、
ロトで稼ぎたい人はぜひ使ってみてほしい。