【検証】ヒカキンが100万円分の宝くじを購入!結末はいかに!?

一般
一般宝くじコラム

日本を代表するYouTuberのヒカキンは、定期的にユニークな企画を実施し動画投稿している。

その一つが宝くじシリーズである。

2022年6月16日に公開された動画では、ヒカキンが兄のYouTuberセイキンとともに、100万円分の宝くじを購入したらいくら当たるのか、といった企画を実施。

一般の方であれば、1日で宝くじに100万円投資するのはなかなか難しい。

大人気YouTuberだからこそできる企画と言っても過言ではない。

今回は、そんな彼らが100万円の投資でいくら当選したのか紹介していきたい。

果たしてどの程度のリターンがあったのだろうか?

 

衝撃の結末…!?

 

ヒカキンが購入した宝くじはスクラッチ。

その結果は…、

 

 

 

 

43万2,600円の当選

という残念な結果に。

 

内訳は以下の通り。

  • わんにゃんスクラッチ
    購入額:33万3,600円
    当選額:12万2,400円
  • 8ラインスクラッチ8
    購入額:33万3,200円
    当選額:12万8,200円
  • ワンピーススクラッチ
    購入額:33万3,200円
    当選額:18万2,000円

 

この中でも目玉だったのがワンピーススクラッチだ。

ワンピーススクラッチは当選率は低いものの、1等の当選金額が200万円となっている。

二人はワンピースの生みの親である尾田栄一郎氏のサインを拝み、なんとかその力に頼ろうとしたが、当然そう甘くはなかった。

 

ヒカキンの過去の宝くじ企画

記憶に新しいのが、昨年の宝くじ企画だろう。

2021年の年末ジャンボを100万円分購入。

その時の当選金は、29万9,200円であった。

したがって、今回のスクラッチ宝くじの方が還元率は高かったのだ。

 

【参考】宝くじの還元率は?

ここで、宝くじ全体の還元率を確認しておこう。

宝くじ公式サイトによると、2020年の還元率は47.0%であることが明かされている。

宝くじの売上の使い道は以下の通り。

使い道 割合
当選金 47.0%
公共事業 36.6%
印刷経費など 15.0%
社会貢献広報費 1.4%

※宝くじごとの還元率については公表されていない

 

したがって、ヒカキンが100万円分の宝くじを購入して43万2,600円当選したというのは、平均的な結果、ということになる。

 

宝くじで稼いでいる人はどうしているのか?

「宝くじ」と「運」は関係している、という言葉をよく聞くが、今や日本を代表するYouTuberとなった強運の持ち主ヒカキンをもってしても、還元率を大きく上回るような高額当選はなかった。

そうすると、「彼でも元すら取れないなのだから自分なんて…」と思ってしまう人もいるかもしれない。

しかし、諦める必要はない。

事実、宝くじの当選率を比較的にアップさせ稼いでいる人がいるのだ。

 

それこそが宝くじ予想サイトの活用である。

数字選択式宝くじであれば、予想数字を自由に選ぶことができる。

その数字を予想してくれるのが宝くじ予想サイトであり、当サイトでも検証対象として注目している。

中でも一番おすすめしたいサイトが、アローズである。

 

【検証結果】アローズの口コミ人気が高い理由

 

検証期間中だけでなく終了後も定期的にロト・ナンバーズで当選を出しており、高額当選者が誕生している。

アローズの利用には入会金も年会費も発生しない。

精度の高い予想も数千円から買えるので、それほど懐を痛める心配もない。

さらに無料情報も毎週出しているので、試しに登録して確認してみるのもよいだろう。

スクラッチを大量に削って掃除に苦労することもない。