あなたは買った?年末ジャンボと年末ジャンボミニの当選確率をご紹介!

一般
一般

すでに販売は終了したが、

毎年多くの人が注目するのが年末ジャンボである。

アナタも購入した一人なのではないだろうか。

その年末ジャンボとともに販売されているのが、

年末ジャンボミニである。

双方ともに年末の風物詩の一つとなっている。

 

ただ購入するにあたり、

どうしても気になるのが当選確率である。

特に1等は7億円で前後賞を含めると10億円である。

超高額なくじであるが、

果たして当選確率はどの程度なのだろうか。

 

この記事では、年末ジャンボと年末ジャンボミニの当選確率を徹底解説する。

すでに購入した方は是非チェックして欲しい。

年末ジャンボと年末ジャンボミニの当選確率がこちら!

1等が高額なので、

当選確率が低いことはなんとなくでも理解できるだろう。

でも詳しい確率は知らないのではないだろうか。

ここでは当選確率の真実を明らかにするので、

是非チェックして欲しい。

年末ジャンボの当選確率

等級 当選金 確率
1等 7億円 2,000万分の1
1等前後賞 15,000万円 1,000万分の1
1等の組違い賞 10万円 10万分の1
2 1,000万円 500万分の1
3 100万円 50万分の1
4 5万円 1万分の1
5 1万円 333分の1
6 3,000 100分の1
7 300 10分の1

1等にもなると、

その確率はなんと2,000万分の1である。

ただ1枚購入したといての確率であるため、

実質的には異なることになる。

 

たとえば10枚購入した場合は200万分の1になるし、

100枚購入した場合は20万分の1である。

だからといっていくらでも枚数を買えるわけではないだろう。

 

ちなみに年末ジャンボで1等になる確率は、

雷に打たれる確率とほぼ同等と言われている(約0.0000118%)。

つまり滅多なことで当たることはないのだ。

年末ジャンボミニの当選確率

等級 当選金 確率
1 3,000万円 250万分の1
1等前後賞 1,000万円 125万分の1
2 5万円 5,000分の1
3 1万円 167分の1
4 3,000 100分の1
5 300 10分の1

年末ジャンボと比較すると当たりやすいことがわかる。

 

特に5万円以下の当選金を狙う場合は、

確率的にも年末ジャンボミニのほうが有利となるのだ。

 

アナタは年末ジャンボで一攫千金を狙うだろうか?

それとも堅実に年末ジャンボミニで少額当選を狙うだろうか?

連番とバラ、どっちを買ったほうが当たりやすい?

宝くじを購入するに当たり頭を悩ませるのが、

連番とバラのどちらを購入するのか、という部分である。

 

結論から言うと、1等の当たる確率は同じである。

 

一方で1等前後賞を狙う場合は、

連番だと当選するパターンが少なくなる。

したがってバラで買ったほうが、

1等もしくは前後賞のいずれかが当たる可能性はアップするのだ

ロトとナンバーズの当選確率は?

ついでに数字選択式くじである、

ロトとナンバーズの当選確率も確認していきたい。

ナンバーズの当選確率

ナンバーズ3のストレートの当選確率は1,000分の1である。

ナンバーズ4だと、ストレートの当選確率は10,000分の1だ。

ロトの当選確率

ミニロトの場合は、1等当選確率が169,911分の1だ。

ロト61等の確率は6,096,454分の1であり、

ロト7の場合は10,295,472分の1である。

 

ちなみにロト7は年末ジャンボと当選金はほぼ同等である。

(キャリーオーバー発生時の当選金は最大10億円)

 

したがって、ロト7のほうが1等の当選確率は高いことになる

当選確率を上げたいならクローバー!!

年末ジャンボにしても、

ロト・ナンバーズにしても当選確率は限りなく低い。

現実を知って諦めてしまう人もいるだろう。

しかし当選確率をアップさせる方法がないわけではない。

特にロト・ナンバーズは数字選択式であるため、

数字の予想が正しければ当たる。

 

そこで活用してほしいのがロト予想サイトの「クローバー」だ。

すごすぎる予想師が所属しており、

当てまくっているのだ。

 

特に代表取締役の福永幸一氏は、

宝くじ界最強と言われている。

累計獲得金額と当選率は他の追随を許さない。

 

疑っている方は当サイトの検証ページも確認するとよいだろう。

気になる方は、ぜひ下記バナーより公式ページをチェックして欲しい。