【悲痛】アメリカで約28億円の当選クジが破損し当選金を受け取れず!日本ではどうなる?

宝くじ

アメリカから、もし自分に起こったら一生立ち直れない話が入ってきた。

なんと約28億円の当選クジを購入したものの、破損してしまったので当選金が受け取れなかったそうだ。

28億円といえば、一生遊んで暮らしていける、と言っても過言ではない!

吉野家の牛丼の価格は並盛で税込み387円であるから、28億円で720万食以上食べられる計算である。

特盛の価格は税込み706円であるので、約400万食分だ。

 

そこで気になるのが、もし日本で当選クジをなくした場合どうなるのか、という部分だろう。

まずは28億円の当選クジを破損したアメリカの話を紹介し、その上で日本で当選クジを破損した場合はどうなるのかを解説する。

宝くじ・ロトファンの方はぜひじっくり読んで欲しい。

アメリカで約28億円の当選金を受け取れなかった話をご紹介

28億円の当選クジを破損したのはアメリカ人の40代女性である。

彼女は、カリフォルニア州ロサンゼルスのガソリンスタンドに併設されたコンビニ「am/pm」にて数字選択式の宝くじを購入した。

そのクジがなんと2,600万ドルの当選を果たしていたのである。

 

しかし当選者はなかなか現れない。

当選クジを発行した販売店が特定され、運営会社が当選者の特定に乗り出した。

そこでスタッフの聞き取りや防犯カメラなどから、40代女性がピックアップされたのだ。

 

ただその女性は、購入したチケットをポケットに入れ、その事を忘れて洗濯してしまった。

クジは単なる紙であったため、くしゃくしゃになり文字も判別できないほどであったそうだ。

 

運営会社によると、宝くじをなくした場合は「チケットの表面と裏面の両方の写真やコピーなどの証拠が必要になる」とのこと。

女性は当然そんなものは残していなかった。

したがって宝くじの当選金は受け取れなかったのである。

詳しくはこちらのページに記載があるので、気になった方は読んでみて欲しい(英語ページ)。

当選金は寄付されることに

当選クジは発行されたものの、当選金は発生しなかったことになる。

そこで気になるのが、当選金の行く先だろう。

どうやら今回は、地元の地域の公立学校へ寄付されることになるそうだ。

女性は地域に大きく貢献した、と言ってもよいだろう。

日本で当選クジを破損したらどうなる?

では、本題に入りたいと思う。

アメリカではクジを破損した場合、「チケットの表面と裏面の両方の写真やコピーなどの証拠が必要になる」とのことだが、日本では一体どうなるのであろうか?

回号・組・番号の3つすべてが読み取れるか?

一般的なクジであると、回号・組・番号の3つすべてが読み取れる必要がある。

その上で、残存している部分や購入場所などが確認できる場合は鑑定材料としてもらえる可能性があるそうだ。

つまり真っ二つに切れていても、クジの大部分が現存していれば当選金がもらえる可能性は高い。

 

ただアメリカの女性のように、ほとんど読み取れないほどぼろぼろになってしまった場合は日本でも当選対象とはならないのだ。

ハーコードが読み取れるか?

スクラッチくじの場合は、スクラッチ部分に損傷があっても当選クジと認められる可能性がある。

スクラッチくじにはバーコードがあり、そちらで当選しているかを鑑定できるためだ。

本来であれば、削りすぎて判別できなくなった、などの偽造に対抗するためのものだが、クジ自体の破損にも対応できるわけである。

濡れたクジはどうなる?

水に濡らすなどしてクジが機械に読み込んでもらえないこともある。

乾いても濡れたことで紙のの表面等に凹凸ができてしまうため、読み込めなくなることはある。

 

その場合は、その場で専門のスタッフが現れるのを待つことになる。

そのスタッフが番号を確認し、当選していた場合は銀行などでの窓口対応となり当選金は支払われるので安心して欲しい。

宝くじの裏面に書かれている文書にも注目

宝くじの裏面には、以下のような文言が書かれている。

  • 紛失した場合は無効
  • 汚損や破損の場合は当せん金を受け取れないこともある

条件によっては当選金を受け取れる可能性もあるとしたが、あくまで可能性である。

100%を保証するものではないので、その点は理解して欲しい。

クジの破損を心配する前にまずは高額当選を目指そう!

宝くじを破損してしまうと、せっかくの当選金が受け取れないことになる。

正直言って、大ダメージになることは間違いない。

 

しかしクジの破損云々は、当てなければ意味のない話とも言えるだろう。

まずは当てることを考える必要があるのだ。

もちろん宝くじ・ロトを当てるのは簡単ではない。

 

そこで当サイトでおすすめしているのが、ロト予想サイトである。

ロトの当選番号を予想するサイトであり、これまでの様々なサイトを検証してきた。

 

その中でも最近絶好調なのが、ロトハンターである。

ロトハンターでは歴史に名を残すような強力な予想者がいる。

 

たとえば、副社長の國光真理子氏である。

彼女は、11週連続高額当選や年間最多当選を成し遂げた実績を持つほどの人物だ。

しかも高額当選にもめっぽう強い!

彼女の情報が発信されたら、ぜひ購入したいところだ。

ロトハンターは登録だけであれば無料なので安心して欲しい。

無料情報も発信されるので、まずは無料情報のみで当選を狙ってみてはいかがだろうか?